HOME»  プチハンドメイドレシピ Menu»  レザーリーフ

レザーリーフ

レザーリーフ*革の葉っぱ

レザーリーフってあまり聞きなれない言葉ですけど、単に革で作った葉っぱです。革の端っこや余った小さい部分で作れちゃいます。色合い的にもナチュラルテイストのアレンジメントにぴったりの素材です。


ハンドメイドレシピ*レザーリーフ

①まず、余った革を適当に葉っぱの形に切ります。大きさや形は均一よりも、まばらにしたほうが自然な感じでアレンジしやすいです。

②葉っぱの形に切った革を、水で濡らします。

③濡らすと軟らかくなるので、手でくにゃくにゃさせて、本物の葉っぱのように、立体感を出していきます。

④形が出来たら、そのまま乾燥させます。

⑤完全に乾燥したら、銀ペンなどで葉脈を書いて出来上がり♪*濡らしてくにゃくにゃさせた部分は乾燥するとそのままの形で硬くなります。

このままでもアレンジ用素材として十分使えますが 1枚ずつワイヤリングしてパーツするとよりアレンジの幅が広がります。

ワイヤリングされたアレンジメント用素材

ワイヤリングするとこのようになります。作ったレザーリーフに穴を開けて、ワイヤーを通してからフローラルテープで巻いてあります。

シダローズとシナモンのウッドフレーム

CRAFT HANDS GALLERYではレザーリーフをこんな形でアレンジしてます。【シダローズとシナモンのウッドフレーム】レザーリーフとシダローズやまつぼっくりの木の実を合わせてアンティーク風なフレームにアレンジしました。

シダローズのコサージュ

革を多めに入れて、リネンやレースと組み合わせればナチュラルなコサージュにもなります。革の端材などは簡単に手に入りやすいですし、興味がある方は是非お試しを♪

木製フレームはもちろん当工房の製作品です♪こちらのフレームはハンドメイド用資材として販売もしています。シダローズ等の木の実や、アレンジメント用素材もご用意してます。詳細はこちらハンドメイド素材