Store Blog Category 

      店舗日記・雑記  ナチュラルアレンジメント教室


 
HOME»  Store Blog Top»  アレンジメント教室»  自然の形をそのままに【シダーローズと葡萄つる】

自然の形をそのままに【シダーローズと葡萄つる】

自然の形をそのままに【シダーローズと葡萄つる】

自然の多い長野でも、cloveで使っている木の実などの材料で自給できている種類はほんのわずか。それでも、少し山に入ると使える木の実に出会えます。

先日、近くの山でシダローズを発見!実が大きく、形もきれい。宝物でも見つけたかのような気分で夢中で拾ってしまいました。

シダーローズ

画像は天日干ししているところ。あとは防虫スプレーをかけて防腐剤入りの袋へ小分け。バラの花びらに似た形から「シダーローズ」の名前で呼ばれ、これひとつでメインになる素材です。シダーローズという名前ですが、シダー(杉)ではなく松科の常緑高木で、木に付いている時は卵型をしています。

落ちる季節になると、成長と温度?で段々と開いていき下の方が剥がれてあのバラのような形になります。まさに自然の造形美!

シダーローズの以外の長野県産の素材は葡萄つる。リースの土台で使ったりしています。知り合いのブドウ農家さんから譲ってもらってます。ちなみに生産量第2位の長野産「巨峰」(高級品!)のつるです!

クルクルとした形は、自然に出来るもの。このクルクルをアレンジメントに加えると…、途端に動きのある作品になるのです。折れないように丁寧に大枝から剪定します。自然のままに、形を生かしてどんな作品を作ろうかと考えながら出番が来るまで大事に保管しておきます。




 

2010-02-11 15:26:00

アレンジメント教室   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント